瓦そば発祥の地―元祖「たかせ」

2012年6月10日

元祖、本家、老舗、本舗――

名物品を売る店に、

やんごとなき正統派感を出させる

おなじみの枕詞です。

ざっくり言って、

元祖は創始者、

本家はのれん分けした場合の本流、

老舗は古くからやってて、

本舗は製造と販売両方を始めにやった店、

というような違いだそうです。

とは言え、

客側として一番気になるのはズバリ、

どこが一番美味しいの?

の一言に尽きるわけですが。

。。。

元祖瓦そば「たかせ」に行ってきました。

川棚温泉の元祖瓦そば「たかせ」の庭

縁側からの眺め。

太めの錦鯉が泳いでいます。

川棚温泉の元祖瓦そば「たかせ」の床の間

床の間には掛け軸に生け花。

店内(座敷)はそんなに広くはありませんが、

正統な和の風情に、ほっこりと落ち着きます。

川棚温泉の元祖瓦そば「たかせ」セットメニュー

今回注文したメニューはこちら。

瓦そば、うな茶、小鉢、フルーツがついて2,000円。

複数人で瓦そばを頼むと、

1人1枚の瓦に分けることはできず、

人数分合せて1枚に乗って出てきます。

ほんのりと焦げるそばの香り、

かすかに油がはぜる音、

食べる前から、

五感に何とも言えぬゆるやかな刺激を与えてくれる、

それが瓦そばの醍醐味です。

薄く味付けした肉、錦糸卵と一緒にいただきます。

肉のやわらかさとそばのパリパリで

楽しい食感が味わえます。

温かいうな飯にネギとワサビを乗せ、

熱いダシをかけていただくうな茶も、

さっぱりしたウナギと少し濃いめのダシの香りが相まって、

気がつけば丼が空になっておりました。

。。。

言い訳するわけではないんですが、

瓦そばというのは、

食す前から非常に食欲をそそられるわけなのです。

川棚温泉の元祖瓦そば「たかせ」の瓦そば食後

「あ、写真!」

と気づいたときには↑のような無残な姿に

なっていたのでした。

嗚呼、げに罪作りは瓦そば也。

。。。

西日本エレベータもメンテナンスの老舗を目指して頑張ります!

エレベーター リニューアル、エレベーター メンテナンスの

西日本エレベータ株式会社 Nishinihon Elevator

http://www.nishiele.com/

【北九州本社】
〒800-0206 福岡県北九州市小倉南区葛原東1-2-22-2F
フリーダイヤル: 0120-861-719
TEL: 093-474-6333

【福岡支社】
〒812-0063 福岡県福岡市東区原田1-43-43
TEL: 092-624-7570

【関東営業所】
〒111-0042 東京都台東区寿4-12-4
TEL: 03-4283-0673

【福岡営業所】
〒810-0014 福岡県福岡市中央区平尾1-13-25-401
TEL: 092-526-1050

【久留米営業所】
〒830-0048 福岡県久留米市梅満町1100-1
TEL: 0942-65-3127

【下関営業所】〒781-0807
山口県下関市一の宮学園町1-30-107
TEL:083-256-4321
  • エレベーター
  • エレベーター リニューアル
  • エレベーター リニューアル 費用
  • エレベーター リニューアル 工事
  • エレベーター メンテナンス
  • エレベーター メンテナンス 独立系
  • エレベーター メンテナンス 費用
  • エレベーター 保守点検
  • エレベーター エアコン
  • ビル 管理

タグ: , , , , ,