トルコのエレベーター落下事故を受けて

2014年9月10日

32階からエレベーター落下=作業員10人死亡―トルコ

トルコ最大都市イスタンブール中心部で建設中の高層マンションで、エレベーターが32階から落下、地面に激突し、乗っていた作業員10人が死亡した。トルコ紙ヒュリエットが7日、伝えた。(9月8日 Yahoo!ニュースより

エレベーターが落下しないための安全対策について

ロープは十分な設計しているので滅多に切れることはありません。国内主要メーカーのエレベーターであれば、仮にロープが全部切れたとしても、映画のワンシーンのように高速で落下することはありません。「非常止め装置」が働いてかごの降下を自動的に停止させます。「非常止め装置」は異常を感知すると、くさびがレールをつかみ、大きなショックを与えないで停止させる仕組みになっています。
それでも、ずるずると降下してしまう場合に備えて、床面への衝突時のショックを和らげる「衝撃緩衝器」が設置されています。また、降下に限らず、最上階の非常スイッチを通過してしまった場合にも、天井面に「衝撃緩衝器」が取り付けられています。
このように念には念を入れて何重にも安全性を確保しています。

万一、エレベーターで異常が発生したら

緊急時のインターホンで救助を要請してください。携帯電話で連絡する手段もありますが、建物名やエレベーターの場所などの情報を正確に伝える必要があり、時間がかかりがちです。インターホンはつながると同時にどの建物のどこのエレベーターからかの連絡が分かる仕組みになっています。
また、エレベーターに閉じ込められても絶対にドアをこじ開けようとはしないでください。かごの外へ出ようとすることは非常に危険です。

西日本エレベーターでは万一の事故に備え、常日頃から安全かつ快適にエレベーターを使用していただけるよう、保守・点検に細心の注意を払い業務を行っています。
また、緊急時にも24時間365日、迅速な対応を実践しています。
エレベーターの事は是非弊社へご相談下さい!

エレベーター リニューアル、エレベーター メンテナンスの

西日本エレベータ株式会社 Nishinihon Elevator

http://www.nishiele.com/

【北九州本社】
〒800-0206 福岡県北九州市小倉南区葛原東1-2-22-2F
フリーダイヤル: 0120-861-719
TEL: 093-474-6333

【福岡支社】
〒812-0063 福岡県福岡市東区原田1-43-43
TEL: 092-624-7570

【関東営業所】
〒111-0042 東京都台東区寿4-12-4
TEL: 03-4283-0673

【福岡営業所】
〒810-0014 福岡県福岡市中央区平尾1-13-25-401
TEL: 092-526-1050

【久留米営業所】
〒830-0048 福岡県久留米市梅満町1100-1
TEL: 0942-65-3127

【下関営業所】〒781-0807
山口県下関市一の宮学園町1-30-107
TEL:083-256-4321
  • エレベーター
  • エレベーター リニューアル
  • エレベーター リニューアル 費用
  • エレベーター リニューアル 工事
  • エレベーター メンテナンス
  • エレベーター メンテナンス 独立系
  • エレベーター メンテナンス 費用
  • エレベーター 保守点検
  • エレベーター エアコン
  • ビル 管理