福岡市南区のマンションのエレベーターリニューアル工事を実施いたしました

福岡市南区にあるマンションのエレベーターの制御リニューアル工事を行いました。

 

昇降機の機械 乗用エレベーター
場所 福岡市南区
建物の種類 マンション(商業ビル)
リニューアルの種類 制御リニューアル
主なリニューアル内容 制御盤取り替え・巻上機モーター交換・かご操作盤取り替え・乗り場操作盤取り替え、他
工期 6日間

エレベーターのリニューアル工事風景

日頃から弊社にて適切なメンテナンスを行うことで、安全に使用することはできていましたが、30年以上前の制御盤を使用しており、万一の不具合の際にメーカーからの部品の調達ができないため、今回、制御リニューアルを行いました。
交流帰還制御方式のものから最新のインバータ制御のものへと制御盤の交換を行い、それによって、省エネ化を実現。モーターの回転速度をきめ細やかに制御することが可能になり、乗り心地の向上にも繋がりました。

制御リニューアルのビフォーアフター

【左】古い制御盤、【右】新しく取り付けた制御盤
古い制御盤は型式が1979年製と35年前のものでした。
制御盤

制御盤内部
インバータ方式の制御盤へと交換することで、きめ細かい制御と省エネ化が可能となりました。

経年劣化を考慮し、制御盤と共に、巻上機のモーターの交換も同時に行いました。

制御盤の交換に伴い、エレベーターの運行位置を検出する役割を担っていた「階床選択機」を撤去しました。これによって、機械室内が随分すっきりとなりました。

かご内操作盤。デジタル表示のシンプルな黒いパネルへと交換し、落ち着いた雰囲気をもたらしてくれます。

乗り場操作盤。かご内同様、黒のパネルへと交換しました。

かご上、コントロールボックス。ドア上まわりの制御を行う役割を担う装置の交換を行いました。

かご上、着床スイッチ。エレベーターの停止位置を正確に検出します。

かご下、テールコードの交換。エレベータのかごと制御機器との間の、通信・電力供給用の電線を指し、昇降路内に吊り下げられ、かごの動きに合わせて昇降するケーブルのことです。

かご中リニューアルのビフォーアフター

今回の制御リニューアルに伴い、かご室内の壁や床の老朽化がみられたため、同時にかご中の意匠リニューアルも行いました。
壁面や床面のリニューアルにより、清潔感あるすっきりとした空間へと生まれ変わりました。

かご

かご内壁

かご天井

かご内床面

エレベーターは老朽化が進むと異音や振動がみられたり、さらに最悪の場合には正常に停止せずに、かごとフロアの床の間に段差ができてしまうこともあります。
そうならないためにも、常日頃の適切なメンテナンス作業や、長期計画的なリニューアル工事が必要です。
西日本エレベータでは専門知識を持ったスタッフが、お客さまのニーズに応じた保守・管理業務を行っております。

「エレベーターのメンテナンス費用を見直したい」
「メーカーの保守費用が高すぎる」
「古くなってきたのでそろそろリニューアルを考えている」

など、エレベーターの維持・管理でお困りの方いらっしゃいましたら、お気軽にお問い合わせください。