北九州市八幡東区のマンションエレベーターのリニューアル工事を実施いたしました

北九州市八幡東区にあるマンションのエレベーターの制御リニューアル工事を行いました。

 

昇降機の機械 乗用エレベーター
場所 北九州市八幡東区
建物の種類 マンション
リニューアルの種類 制御リニューアル
主なリニューアル内容 制御盤取り替え・巻上機交換・制御ケーブル取り替え、かご操作盤取り替え・乗り場操作盤取り替え、メインワイヤー・ガバナ取り替え、他
工期 8日間

エレベーターのリニューアル工事風景

エレベーターのリニューアル工事風景

北九州市八幡東区のマンションにて、日立製エレベーターの制御リニューアルを行いました。1984年の設置から30年の月日が経過しており、経年による劣化が見られたため、制御盤、巻上機、制御ケーブル、かご内操作パネル、乗り場操作パネルを中心としたリニューアル工事を行っています。
また、「地震時管制運転装置」の設置により万一の際の防災対策も行わせていただきました。

制御リニューアルのビフォーアフター

【制御盤】
インバータ方式の制御盤へと交換することで、きめ細かい制御と省エネ化が可能となりました。
制御盤

【巻上機】
経年劣化を考慮し、制御盤と共に、巻上機及び制御ケーブルの交換も同時に行いました。
巻上機モーター交換

巻上機モーター交換

【かご上コントロールボックス】
ドア上まわりの制御を行う役割を担う装置の交換を行いました。
カゴ上

【主ロープ】
主ロープ

【乗り場操作盤】
デジタル表示の黒い操作パネルへと交換しました。乗り場操作盤

かご中リニューアルのビフォーアフター

今回の制御リニューアルに伴い、かご室内の壁や床に傷や痛みによる老朽化がみられたため、同時にかご中の意匠リニューアルも行いました。
壁面や床面のリニューアルにより、清潔感あるすっきりとした空間へと生まれ変わりました。

【かご内操作盤】
デジタル表示のシンプルな黒いパネルへと交換し、落ち着いた雰囲気をもたらしてくれます。
かご中コントロールパネル

かご内

かご正面

エレベーターは老朽化が進むと異音や振動がみられたり、さらに最悪の場合には正常に停止せずに、かごとフロアの床の間に段差ができてしまうこともあります。
そうならないためにも、常日頃の適切なメンテナンス作業や、長期計画的なリニューアル工事が必要です。
西日本エレベータでは専門知識を持ったスタッフが、お客さまのニーズに応じた保守・管理業務を行っております。

「エレベーターのメンテナンス費用を見直したい」
「メーカーの保守費用が高すぎる」
「古くなってきたのでそろそろリニューアルを考えている」

など、エレベーターの維持・管理でお困りの方いらっしゃいましたら、お気軽にお問い合わせください。